「マザリーズ」は会話の原点

p9_motherese
お母さんはよく、生まれて間もない赤ちゃんに、
大きな抑揚で歌うようにして話しかけていますね。
これを「マザリーズ」と呼びます。

生まれて間もない新生児でも、耳はよく聞こえており、
どうすれば赤ちゃんがよく反応するか、お母さんは自然に気づいているのです。

赤ちゃんがテレビから流れる音のうち、最もよく反応するのが、
みなさんもよくご存じの「ピアノをうってちょう~だい~」という
コマーシャル・ソングです。
この曲がかかると、泣いている赤ちゃんが泣きやむと言われています。

よく歌を聞かされて育った子どもは、言葉の覚えが早いようです。
抑揚のある話しかけは、大人の脳での記憶にも効果的で、
コマーシャル・ソングは消費者の脳に巧みに焼きつくのです。

あなたが音痴だからと言って、しり込みする必要はありません。
大きな抑揚が赤ちゃんの関心を引くわけで、
流れるようなリズムでない方がむしろよいのです。

大人同士でも大きな抑揚での会話は弾み、
コミュニケーションに大いに役立つことでしょう。
(2010.4)
ページ上部へ