言葉には、リズムが大切

p10_kotoba_rizumu2
言葉は、人間のみが進化の中で獲得したコミュニケーション・ツールです。
地球上には多種多様な言語があり、日本語にも数多くの方言があります。
同じ地域の人々でも、世代によって話し方には大きな差があります。

以前、小学6年になる孫娘と二人で伊勢志摩に行く道中でのこと。
グループ旅行をしている女子大生と乗り合わせました。
大声で楽しそうに話している彼女らの会話に少々驚き、
「あのお姉ちゃんたち、すごいスピードで話すね」と孫娘に言うと、
返ってきたのは「そうかな、あんなの普通」という言葉。

孫娘も友達とは、いつもあのくらいのスピードで話しているが、
私に合わせてゆっくりと話してくれているようでした。

友達同士では饒舌な中高生が、家庭では寡黙になり、
お母さん方を困らせている例が少なくありません。
若者には、若者たちの日常語を親が理解できるように話すことは、
きっとウザイのでしょう。

現代の若者や子どもたちにとって、
コミュニケーションには、単語ひとつひとつの意味よりも、
話すリズムの方がもっと大切なようです。
(2011.8)
ページ上部へ