左利きは矯正するべき?

p15_hidarikiki
なぜ左利きになるのか?
現代医学でも、その原因はいまだ解明されていません。

赤ちゃんをうつ伏せ寝にしたとき、顔が左向きになると左利き、
右向きになると右利きという研究もあります。
もちろん、どちら向きにしても眠れる子もいます。

左利きであることが右利きよりも明らかに不利なのは、
字を書くときと、はさみを使うとき。
そして円卓で会食するときは右隣りの人と
肘がぶつかりやすいことに気を使うといったところでしょうか。

左利きの子どもをもつ親は、
矯正した方がよいか迷っておられると思いますが、
東洋人でも西洋人でも左利きの人は10人に1人くらいはいますので
決して珍しいことではありません。

私自身は、元々左利きでしたが、2~3歳頃に母が左手に握った鉛筆を
気がつけば右手に持ちかえさせていたそうです。
おかげで、物心がついてからは左利きの不自由さを体験せずに
済んだと感謝しています。
今は野球やテニスでは左手を使い、うつ伏せで寝る時は顔を左に向けています。

左利きの子の中にも、矯正しやすい子と矯正し難い子がいます。
3歳頃までに遊びの中で、楽しみながら自然に矯正し、
もしそれが親子のストレスになるようなら、
無理して矯正する必要は全くありません。
(2008.10)
ページ上部へ