深刻な子どもの喫煙

p5_sinkoku_kodomo_kituen4
日本での喫煙率は、成人ではかろうじて低下傾向にありますが、
未成年者や若い女性では上昇傾向にあります。
2002年度の全国調査によると、
中学3年生で「喫煙したことがある」男子が55.7%,女子が36.7%、
「毎日喫煙する」は男子25.9%,女子8.2%となっています。

たばこは「喘息・呼吸器疾患の原因」になることはもちろん、
「知能発達の遅れ」「身長の伸びが妨げられる」というデータもあり、
大人以上に小中学生の喫煙は深刻な健康被害をもたらします。

未成年喫煙者は非行歴のある「問題児」に限ったことではなく,
普通の子どもたちが好奇心から吸い始めており、
「何となく」「友達から勧められて」「かっこいいと思った」という
本当に些細なことが動機になっているのです。
大人と違って、子どもの身体、とくに脳は柔軟で、
薬物の影響を受けやすいため、一旦吸い始めると、
あっという間にニコチン依存症になってしまいます。

家族・学校が未成年喫煙者やニコチン依存症になった子どもを
叱責や謹慎処分にしても、子どもは大人以上に
生理的に止め難くなっているため、問題解決にはなりません。

兵庫県立こども病院では、ニコチン依存症になってしまった
子どもたちを積極的に支援しようと、
卒煙外来を設けてカウンセリング、薬物治療も行っています。
心配なことがあればご相談ください。
(2006.2)
ページ上部へ