腹痛

緊急度1

こんな時は緊急を要する状態です迷わず119救急車を呼ぶ

  • お腹がパンパンに膨らんでいる
  • 股の付け根、陰のう部が腫れて色が変わっている

緊急度2

こんな時は緊急を要する状態です迷わず119救急車を呼ぶ

  • 血便がみられる
  • 不機嫌が続く、10分おきくらい(間欠的)に苦しそう
  • 痛みがだんだんひどくなる/がまんができない/
    2時間以上持続する
  • さわると嫌がる
  • 発熱(38℃以上)を伴う

緊急度3

上記症状がなく次の症状なら、かかりつけ医の診療時間を待ちながら自宅で様子をみる

  • 数日、便が出ていない
  • おへその周りを痛がる
  • がまんができる程度の軽い痛み
  • 元気そうだ

家庭での対処

  • 腹痛が軽いときは、無理に食べさせず水分を少しずつ与えましょう。
  • 便秘と思われるときは、「の」の字マッサージや保温をしてみましょう。

覚えておこう!

腸の中に腸が入り込む病気
「腸重積(ちょうじゅうせき)

  • 腸重積症(ちょうじゅうせき)は、望遠鏡の筒のように腸が腸の中に入り込み、腸閉塞を起こす病気。主に、3〜4ヵ月から1〜2歳の子どもに見られます。
  • 突然、陣痛のように周期的(5〜15分ごと)に苦しそうに不機嫌に泣き、これを繰り返します。顔色が悪くなったり、吐いたりすることがあります。
  • おむつを開けてみると、いちごジャムのような真っ赤な血便が・・・。こんな時は、まず腸重積症と思って間違いありません。
  • 治療の基本は、高圧で空気や薄いバリウムを肛門から入れ、重なり合った腸を元に戻します。24時間以内であれば、多くの場合は手術をしなくて大丈夫です。しかし、どうしても元に戻らない時は緊急手術を行います。
  • すぐに、休日夜間急病センターを受診してください。

ページ上部へ