じんま疹|虫さされ、急に出現する発疹(皮膚のぶつぶつ)

緊急度1

こんな時は緊急を要する状態です迷わず119救急車を呼ぶ

全身の赤い斑状の皮膚(じんま疹)に伴って

  • 不穏状態、ぐったりしている
  • 眼瞼のむくみ、顔面や頚部の腫脹
  • 息苦しい、声が出ない

緊急度2

こんな時は緊急を要する状態です迷わず119救急車を呼ぶ

  • 痒みを伴って、盛り上がった赤いリング上の皮膚
    じんま疹を疑う
  • 暗い紫色の小さな点々(紫斑)の出現に腹痛・関節痛を伴う
    血管性紫斑病を疑う
  • 高熱が続き、頚部リンパ節腫脹(しゅちょう)や不定形の発疹が出現
    川崎病を疑う

緊急度3

上記症状がなければ、かかりつけ医の診療時間を待ちながら自宅で様子をみる

ウイルス(突発性発疹、麻疹、風疹、水痘、リンゴ病、手足口病、ヘルパンギーナなど)や細菌(溶連菌)による発疹は、水分がとれ機嫌もよければ緊急度3です。

家庭での対処

  • 呼吸苦を伴わないじんま疹のときは、まずは冷やしてみましょう。
  • 初めての食材にチャレンジするのは平日の朝から昼にしましょう。
  • 「アナフィラキシーショック」が疑われるときはすぐに救急車を呼びましょう。

覚えておこう!

救急車を呼んでください!
「アナフィラキシーショック」

  • アナフィラキシーは、薬剤(注射)、昆虫(ハチなど)による刺傷、特定の食物の摂取などによる重篤なアレルギー反応です。
  • ふつうは数分以内に、全身発赤・じんま疹が出現し、重篤な場合はショック症状を呈し、呼吸困難を起こします。

ページ上部へ