こどもの急病よくある質問集Q&A

夜間や休日、お母さんたちから病院に多く寄せられる質問です。
(阪神北広域こども急病センター電話相談より)

  • 発熱
  • せき
  • 嘔吐、下痢
  • 腹痛
  • けいれん
  • 発疹
  • やけど
  • 誤飲
  • 転倒|転落、頭部打撲
  • 鼻血
  • 不機嫌
発熱
Q1 熱が出ました。すぐに受診したほうが良いですか?
A  熱で辛そうにみえても、他に症状がなく、水分摂取が可能で、夜間眠れそうなら基本的に受診を急ぐ必要はありません。小児の発熱は40度前後になることがありますが、熱そのものが身体に悪さをするとは考えられていません。発熱は身体を守ろうという正常な反応です。
また、熱を出す病気はたくさんあり、熱の出始めには原因のわからないことも少なくありません。症状が出そろえば正確な診断が可能になりますが、発熱後数時間で診断をつけるのは無理なこともあります。
Q2 高熱が続いています。脳に影響はないのでしょうか?
A  通常、高熱で脳に悪影響を及ぼすことはありません。
Q3 熱があります、すぐに下げたほうが良いのでしょうか?
A  発熱の原因で多いウィルスは熱に弱く、人間の体は病原体の侵入に伴って高熱を出すことで、細菌やウィルスと戦います。無理に解熱させることは、生体の防御反応を乱すため、必ずしも好ましくありません。熱があっても元気そうだったり、入眠できていれば解熱剤を使う必要はありません。
Q4 どうなったら受診するべきですか?
A  熱以外の症状が見られ、それに伴って入眠できそうになかったり、熱だけでも水分を受けつけなかったり、ぐったりしてきたり、いつもと明らかに様子が異なる時は受診をしてください。
Q5 明日、熱がなかったら保育所に行っても良いですか?
A  翌日の朝には熱がなくても、昼から再び発熱することがあるので、かかりつけ医を受診されることをおすすめします。基本的に24時間の解熱を確認してからの登園、登校が望ましいです。
Q6 熱があるので、抗生剤を飲ませても良いですか?
A  熱の殆どの原因はウイルス性のものが多く、熱の出始めに抗生剤を飲む必要はありません。ウイルスには抗生剤は効果がなく、熱の出始めに抗生剤を飲むと熱の原因がわからなくなったりするので、すぐに飲ませる必要はありません。
Q7 家にある熱冷まを使っても良いですか、一日何回まで使えますか?
A  解熱剤=アセトアミノフェン(アルピニー、アンヒバ、カロナール、コカール、アニルーメ、パラセタなど)*市販薬のアセトアミノフェン=小児用バファリンなど
[使用量]10~15mg/kg、基本は2~3回/日
[使用期限]処方~1年程度の座薬で冷中保管していたもの。粉末に関しては半年程度、錠剤は1年程度が使用期限です。
[使用時期]熱の高さでつらそうな時、6~8時間は間隔をあけて使用してください。
[解熱剤使用効果]解熱剤は病気を治すのではなく、熱が1℃でも下がることで、お子さまが少しでも楽になって入眠できたり、水分が摂れたりできることを期待するものです。効果としては1~1.5℃程度の解熱が期待できますが、効果出現までには、解熱剤使用後、座薬で30分、内服で40~60分程度かかります。
Q8 熱さましを使っても熱が下がりません。
A 多くの場合、熱は2~3日続きます。解熱剤が効かないときは病気の熱の出る勢いが解熱剤の効果より強いときです。安静にして、かかりつけ医の指示通り治療を続けていれば大丈夫です。
Q9 手足が冷たいのですが。
A 熱が上がっている最中は手足の血管が収縮するため冷たくなります。冷たい間は温め、手足が温かくなれば、ソケイ部や頸部、脇の下を保冷剤などで冷やしてあげましょう。
Q10 3カ月未満。熱が38度前後なのですが・・・。
A 哺乳力や機嫌に変わりなく、掛物や室温調節で落ち着くようであれば経過観察を。掛物などを調節しても38度以上が続く場合は、休日夜間急病センターを受診してください。
Q11 熱があるのですが、お風呂に入っても良いですか?
A 熱があるときは体力を消耗するので基本的に入浴は避けましょう。おむつ中などであれば、臀部のみのシャワー浴などをすると良いでしょう。
Q12 熱が高いのに、汗をかきません。
A 発熱の原因で多いウィルスは熱に弱く、人間の体は病原体の侵入に伴って高熱を出すことにより、細菌やウィルスと戦います。ある程度の時間発熱していなければ、病原体と戦って勝てないので、熱の上昇中はあまり発汗しません。戦いに勝って発熱の必要がなくなった段階で発汗して体温を下げます。
せき
Q1 咳がひどいです。どうしたら良いですか?
A  水分を少量ずつ飲ませたり、部屋の加湿をしてあげてください。(加湿器がなければ濡れタオルを干すなど) 可能ならマスクを着用するのも良いでしょう。(自分の呼気で加湿ができます)
横になっている状態で咳き込みが増すようなら、上半身を30~45℃上げてみましょう。
分泌物の流れ込みが和らぐかもしれません。
Q2 咳き込んで吐くので、脱水が心配です。
A  咳き込み嘔吐で脱水の心配は、あまりありません。吐くことで痰も一緒に出せれば、楽になります。腸炎の嘔吐ではないので咳き込みが落ち着けば水分を少しずつ摂るようにしてください。
Q3 眠っているのですが、呼吸がぜぇぜぇとしんどそうです。
A  ぜぇぜぇがひどく、眠れなくなるようならすぐに受診してください。そのまま何とか入眠できているようなら翌朝受診しましょう。
Q4 急に変な咳をし始めて眠れないようなのですが・・・。
A  クループ様咳(オットセイの泣くような咳、声がれ)であれば、すぐに受診しましょう。それ以外の咳で、水分摂取や加湿などで症状落ち着くようなら、翌朝の受診で良いでしょう。眠れない、呼吸苦を訴える時はすぐ受診してください。
Q5 咳が続いているのですが、急病センターを受診すれば何かしてくれるのでしょうか?
A  急病センターを受診しても咳を完全に止めることはできません。痰の喀出(かくしゅつ)などの関係で、咳止めの強い薬は小児科では基本的には使用しません。
急病センターでの対応としては、吸入や咳を和らげる内服やテープの処方になります。(但し処方は薬剤師のいる時間)
嘔吐、下痢
Q1 [下痢] 下痢が続いています。どうすれば良いでしょうか?
A  下痢が続いていても、水分が摂れ、尿も出ていて、本人が機嫌よくしていれば基本的に心配ありません。便とともに腸内のウィルスを排出しているので、下痢を止めてしまうことはあまり好ましくありません。
その後、吐かないのを確認しながら少量の水分を回数を多く摂取します。それでも嘔吐や嘔気が続く時は受診してください。
Q2 [下痢] に血が混じっているのですが・・・。
A  下痢中に点々と少量混じっている程度は、下痢を繰り返すことにより腸管がただれてのものだと思うので様子を見てください。硬い便の周りへの付着であれば、肛門が切れてのものだと思うので、この場合も様子を見てください。
ただ、どのような場合も、血液量が増えてきたり、苺ジャムのような便になった場合や、強い腹痛を伴う場合、顔色が悪い場合などはすぐに受診してください。
Q3 [下痢] 白い便がでました。すぐに受診したほうが良いですか?
A  白っぽくて酸っぱい匂いの便であれば、ロタ腸炎の可能性があります。ただ、ロタ腸炎と言っても通常の腸炎と治療は変わらないので、水分がとれて機嫌良くしているようであれば、受診を急ぐ必要はありません。
「嘔吐を頻回に繰り返す」「ぐったりしてくる」「けいれんを起こした」などがあれば、すぐに受診しましょう。
Q4 [下痢] いつもと違う色の便がでました。
A  基本的に便の色で緊急を要するものは赤、黒、白と言われています。
「赤(血便)」→少量で機嫌良くしているようなら、翌日の受診で良いでしょう。血液量が増えてきたり、不機嫌を繰り返す時はすぐに受診しましょう。
「黒(タール便)」→すぐに受診しましょう。
「白(ロタ)」→嘔吐がなく、水分摂取可能で脱水症状なければ翌日の受診で良いでしょう。頻回な嘔吐や脱水症状がある場合はすぐに受診しましょう。
[*診察時、便を持参するか、デジカメや写メに撮って持っていきましょう。]

Q1 [嘔吐] 水分を摂ると吐くのを繰り返のですが・・・。
A  嘔吐下痢症の場合、吐くのは半日~1日で止まることが多いのですが、嘔吐直後や吐き気が強い時は、しばらく(1~4時間)は絶飲食にして腸管を休めます。
その後、吐かないのを確認しながら少量の水分を回数を多く摂取します。それでも嘔吐や嘔気が続く時は受診してください。
Q2 [嘔吐] 水分は何でも良いのでしょうか?
A  基本的に欲しがるもので良いのですが、脱水を防ぐためには塩分や糖分が含まれたものが良いでしょう。
Q3 [嘔吐] 食事はどういったものが良いですか?
A  嘔吐が続いている間は食事は控えてください。水分を摂って嘔吐しなければ消化の良いものから始めましょう。
Q4 [嘔吐] 脱水症状はどんな特徴がありますか?
A  唇や舌、口の中が渇いている、尿が半日以上出ない、泣いても涙が出ない、顔色が悪い、皮膚の張りがない、眼球が落ち込んでいるなどがあります。
Q5 [嘔吐] 脱水を防ぐためにはどういったものを摂れば良いですか?
A  塩分(ナトリウムやカリウム)が多く失われるので、これらを含む小児用イオン飲料やみそ汁の上澄みなどを摂りましょう。
Q6 [嘔吐] イオン飲料は普通のスポーツ飲料で良いのですか?
A  通常のイオン飲料は小児用のものより糖分が多く含まれているので、量を飲む場合は半分ぐらいに薄めると良いでしょう。
Q7 [嘔吐] 赤ちゃんが哺乳の度に吐くのですが、大丈夫でしょうか?
A  生後間もない赤ちゃんの胃は、胃の入口(噴門)の筋肉がまだ弱いため、ちょっとした刺激で吐くことがあります。順調に体重が増えていれば気にしなくて良いでしょう。
また、だらだら(いつ乳)、ゲップとともに吐くが、その後は機嫌よくしているのも心配はいりません。
噴水のように何度も嘔吐する場合は受診しましょう。
腹痛
Q1 寝ていたのですが、急にお腹が痛いと言って起きてきました。
A  眠れないような腹痛が続く場合、痛みが強くなってくる場合は、すぐに受診しましょう。
便秘などの場合は「の」の字のマッサージや保温などで落ち着いて眠れるようであれば、受診を急ぐ必要はありません。
Q2 ここ何日か排便がなく、お腹を痛がります。家で浣腸しても良いですか?
A  市販の浣腸を年齢相当の量を使用するなら大丈夫です。浣腸後も腹痛が治まらない場合や便性がいつもと違う時は、便を持って受診してください。
[*オムツでない場合は、便をデジカメ、写メなどで撮って持参しましょう。]
けいれん
Q1 急に熱が出て、手足がブルブル震えています。けいれんでしょうか?
A  意識がはっきりしていたり、会話ができる状態なら、けいれんではないでしょう。熱が急激に上がることによる悪寒の可能性があるので、温かくして様子を見てください。
熱が上がりきれば、震えも落ち着き暑くなりますので、涼しくして、冷やしてあげましょう。
Q2 けいれんを起こして今は止まっています。受診したほうがいいですか?
A  持続時間5分未満で、けいれんが止まってから意識レベルがクリアとなり、単純型熱性けいれんであれば家で様子見ても良いですが、心配なら受診してください。(この時、手持ちにダイアップあれば使用しても構いません)
6歳以上の小児で、初発けいれん、無熱性、意識レベルがクリアにならないとき、5分以上のけいれん、けいれん後眠ってしまって1時間以上覚醒しない時、左右非対称、何度も繰り返すけいれん、いびきをかくような寝方で、いつもの入眠の様子と明らかに違うなどの場合は受診をしてください。
(状態によっては119番、後送病院の受診が必要な場合があります)

*けいれん後、入眠してしまうのは・・・ けいれん時、脳は異常に活発になっており、けいれんがおさまると脳が一時休んだ状態となります(後睡眠)。脳の活動が回復すると、覚醒し、心配ないことがほとんどです。
Q3 けいれんを起こすと、脳がおかしくなったりしないでしょうか?
A  通常の熱性けいれんで脳に後遺症が残ることはまずありません。例外として、1時間以上けいれんが続いた場合や、けいれんの原因が脳炎や急性脳症であれば後遺症を残す可能性が高くなります。
Q4 激しく泣き、息が詰まったようになり、唇が紫色になって体を突っ張っていました。これはけいれんですか?
A  泣き入りひきつけだと思います。体を揺すったり、騒ぎ立てたりせず、まずは落ち着かせてあげましょう。通常は自然に回復しますが、意識が戻らない場合は救急車を呼んでください。
Q5 ダイアップの使い方がわかりません。
A  基本はかかりつけ医の指示に従ってください。
37.5度以上の発熱があれば1回目を使用、8時間後も発熱が続いていれば2回目を使用します。→この2回の使用で発熱後24時間のけいれんを一番起こしやすい時間のけいれん予防となります。2回目の使用時、発熱が持続していなければ、基本使用しなくて良いですが、心配なら使用しても構いません。
但し、副反応にふらつきなどがあるため充分注意してください。
2回目を使用しなかったが再び発熱があった場合は、2回目としてダイアップを使用しても構いません。
解熱後48時間〜72時間経ってからの再発熱は別の発熱と考え、ダイアップを使用しますが、これは医師によって様々な見解があるため、基本的にかかりつけ医の指示に従いましょう。
発疹
Q1 夜に初めての食べ物を食べたら、赤い湿疹が出て痒そうにしています。受診したほうが良いですか?
A  おそらくアレルギー反応によるじんま疹と考えられるので受診したほうが良いでしょう。
(息苦しい、声が出ないなどの場合、救急車(119番)を呼ぶ必要があります。)
Q2 発疹が急に出てきて、痒くて眠れないようなのですが・・・
A  おそらくじんま疹だと思います。温まると痒みが増すので、布団をかぶりすぎず、保冷剤などで痒いところを冷やしてあげましょう。また、お風呂がまだの場合は入浴は避けてください。冷却によって眠れるようであれば様子見て、翌日かかりつけ医を受診してください。痒みが強くて眠れない時や呼吸苦、喉の痒み、せき込みなどがある場合は受診しましょう。
アナフィラキシー症状が強い時は救急車(119番)を呼んでください。
Q3 2、3日高熱が出ました。熱は下がったのですが、湿疹が出てきました。
A  2歳未満であれば、おそらく突発性発疹ではないかと思います。他に全身状態に問題なければ様子見てください。
突発性発疹であれば、解熱後2、3日は機嫌不良となることがありますが、水分摂取、入眠できていれば様子見てください。
3歳以上であれば、何らかのウィルス感染と思われますが、痒みや汁が出るなどがなく、全身状態変わりなければ様子を見てください。
Q4 じんま疹が出てきたのですが、様子を見ていて良いですか?
A  呼吸症状がなく、皮膚症状のみで入眠できそうなら様子見ても良いでしょう。温まると痒みが増すので、入浴はさけること。痒みの強い所は冷やしてあげましょう。
呼吸苦や喘鳴、咽頭の痒みなどが出た場合は、すぐに受診してください。
やけど
Q1 熱いお湯をこぼし、やけどしました。今は冷やしているのですが、受診した方が良いですか?
A  ○赤いだけで水ぶくれがない場合→流水で20~30分以上(ヒリヒリ感なくなるまで)冷やし、翌日皮膚科か外科を受診してください。
(翌日休日の場合は昼間に外科か皮膚科の救急外来を受診しましょう。)
○水ぶくれができた、痛みが強い場合→水ぶくれはつぶさないよう冷やし、外科の夜間救急を受診してください。(水ぶくれが破れると、そこから感染する恐れがあります。
もし水ぶくれが破れた場合は、清潔なガーゼなどで保護してすぐに受診をしてください。)
○範囲が広範囲(子供の手の平10個以上)、皮膚が黒く焦げている、白い場合→救急車(119番)を呼んでください。
○関節部や顔面の場合→範囲が狭く症状が軽そうにみえても、外科か皮膚科を受診してください。
Q2 やけどをしました。冷やした後、家にある軟膏を塗っても良いですか?
A  基本的に何も塗らないで受診するのが良いでしょう。水ぶくれができているようなやけどの場合、軟膏を塗ることで、水ぶくれが破れたり、水ぶくれを広げてしまうことがあります。
誤飲
Q1 タバコを食べてしまいました。どうすれば良いですか?
A  2cm以上でなければ、まず心配はないと思います。タバコの成分のニコチンはゆっくり吸収され、吸収されると嘔吐を起こすので、重い中毒症状を起こすことは殆どありません。ただ、水に溶けたニコチンは吸収されやすく、ニコチン中毒を起こすことがあるので胃洗浄が必要です。胃洗浄のできる病院をすぐに受診してください。
Q2 大人の薬を飲んでしまったのですが・・・。
A  飲んだ薬の量によっては、こどもに影響がでる場合があるので、どんな薬を、どれくらい、いつ飲んだか確認し、受診するのが良いでしょう。
Q3 異物を飲んでしまいました。どうすれば良いですか?
A  ○紙やビニール、プラッチックなど→呼吸状態問題なければ様子を観察してください。
○ コイン、電池など→すぐに受診してください。
その他の場合も「何を」「どれくらい」「いつ」飲んだかを確認してください。誤飲・誤嚥は、すぐに吐かせるもの、吐かせてはいけないもの、様子を見てよいものがあります。
※処置・対応の方法は「(財)日本中毒情報センター」で相談できます。
「すぐに吐かせるもの」「吐かせてはいけないもの」「様子を見てよいもの」をチェック!
Q4 魚の骨が刺さったみたいで痛がっています。どうすれば良いですか?
A  家で無理に取ろうとすると、かえって傷をつけたり、症状が悪化する可能性があるので、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。翌日の受診でも良いでしょう。
転倒|転落、頭部打撲
Q1 ソファから落ちて頭打ったのですが、受診した方が良いですか?
A  まず落ちた後の様子(機嫌、意識レベル)をいつもと変わりがないか観察してください。落ちた後「何回か嘔吐した」「今まで歩いていたのに歩くことを嫌がる」などの症状があれば、脳外科のある救急病院を受診してください。落ちた後に大声で泣いて、その後変わりがなく、たんこぶができた程度であれば受診する必要はありません。
しかし、まだ歩けない乳幼児がソファから落ちたり、転んだりしてたんこぶができた場合は脳外科を受診されることをおすすめします。
Q2 昼間に頭を打ちました。夕方に吐いてしまったのですが、受診した方が良いいですか?
A  頭を打った後いつもと変わりなく、くずつくこともなかったのなら、たまたま吐いたのかもしれません。しかし、嘔吐が何度も続くようであれば、脳外科の受診をおすすめします。吐いたことだけで、すぐに受診ということではなく、他の症状が出ていることがあります。例えば「不機嫌」「頭痛」「歩きたがらない」などの症状があれば受診してください。
受診後、家に帰った後も「意識レベルの低下」「頻回嘔吐」「不機嫌」「歩きたがらない」「けいれん」などがあれば、すぐに脳外科を受診しましょう。
鼻血
Q1 鼻血が止まりません。受診した方が良いですか?
A  まず鼻血を飲み込まないように、下を向かせるか、うつ伏せにしましょう。そして小鼻を強く(鼻で息ができないくらい)15分間ほどつまみ続けてください。鼻を15分間つまみ続けるのは少し大変ですが、ほとんどの場合、鼻血はこれで止まります。それでも止まらない場合は耳鼻科を受診しましょう。
Q2 二日続けて鼻血が出ました。受診した方が良いですか?
A  一度鼻血が出ると、続けて出る場合があります。鼻の粘膜が傷ついていることが鼻血の原因だと考えられますが、その都度止まっているのであれば、慌てて受診する必要はありません。念のため通常の受診時間に耳鼻科を受診しておくと良いでしょう。鼻の粘膜の状態などを診て、必要であれば適切な処置をしてもらえます。
Q3 鼻血が出たとき、上を向かせたり、首の後ろを叩いたり、ティッシュペーパーを詰めても良いのでしょうか?
A  上を向かせたり、仰向けに寝かせたりするのは、鼻血を飲み込んで咳が出たり、吐き気の原因になるのでやめましょう。
首の後ろをトントン叩くのも、出血時間を長引かせるのでやめましょう。
鼻の中にティッシュペーパーを詰めるのも、鼻の粘膜を傷つけたり、テッシュを取り出すときに固まった血液のかさぶたをはがしてしまい、再び出血することがあるのでやめましょう。
鼻血を止めるには、静かに15分間、小鼻をつまむのがいちばん良い方法です。
不機嫌
Q1 夜中に急に起きてきて泣き出し、何をやっても泣きやみません。
A  〈乳児の場合〉まず「熱はないか」「泣き方がいつもと違うか」「おなかや股の付け根が腫れていないか」など、全身状態をよく観察してください。
不機嫌に泣いたり、泣きやんだりを繰り返す場合は「腸重積」、股の付け根が腫れている場合は「鼠径ヘルニア」、くずついた泣き方で元気がない場合「髄膜炎」の可能性があります。夜中に急に起きてきて泣く場合は、全身状態をよく観察し、”いつもと違う”と感じたら、迷わず受診されることをおすすめします。

〈幼稚園児〜小学校低学年の場合〉この頃の子どもは、睡眠中に突然起きて泣き出すことがあります。夜驚症(泣き叫んで走り回ったりする)の場合、病気ではありませんので心配することはありません。慌てずに少し様子を見ていると、普通の状態に戻ります。
Q2 「夜泣き」はどうすれば良いでしょうか?
A  夜泣きは生後3、4カ月〜1歳6カ月頃に多いのですが、ほとんどの場合、原因はわかりません。オムツが汚れている。昼間に色々な刺激があり、夜に緊張して夜泣きが起こる場合もあります。なだめたり、あやしたり、相手になってあげるのも良いですし、環境を変えるために車に乗せてドライブに行くと、そのままスヤスヤ眠る子どももいます。
しかし、夜泣きは続くことがよくあります。そんな時は逆に開き直ることも必要です。時期が過ぎれば夜泣きはおさまるものと思いながら上手に付き合いましょう。
ただ、泣いていること以外に変わった様子はないか、全身状態をよく観察することは大切です。
ページ上部へ